会長メッセージ

エムアウト会長「マーケットアウトビジネス」を語る

わが国経済は、戦後の高度成長時代からバブル崩壊を経て、低成長時代へ、失われた10年が20年になり現在に至っています。 この現状は一体何を意味するのでしようか。それは「いいものを創って売る」プロダクトアウトビジネスから「マーケットが本当に欲しいものを創る」マーケットアウトビジネスへの発想の転換が十分に行われていないためではないかと思います。

わが国には未だに戦後の高度成長時代に創られたプロダクトアウトビジネスが沢山残っていて、今も動いているのです。そのために我が国のビジネスの生産性が向上せず、低成長が続いているのではないでしょうか。

プロダクトアウトビジネスはプロダクト起点ビジネスであり、マーケットアウトビジネスはマーケット起点ビジネスです。その違いを私達はどのように説明しているかといいますと、「マーケットアウトビジネスはこちらからお客様を見て商売をしないで下さい。お客様の側に立って、こちらを見て商売をして下さい」と言っています。こちらからお客様の方を見る風景と、お客様の側からこちらを見る風景とはまるで違ったもので、それが正にマーケット起点、あらゆるものがマーケットから出発するビジネスモデルになるのです。

私達はこのプロダクトアウトビジネスをマーケットアウトビジネスに転換することでこれまで存在しなかった全く新しい新事業をどんどん創って行こうと考えています。

発想を転換することで生産性の高い新事業が量産されるようになれば、それこそが、わが国の成長戦略そのものになると確信しています。

株式会社エムアウト 代表取締役 田口 弘
1937年
岐阜県生まれ
1959年
愛知学院大学商学部卒業後、大竹農機(現:大竹製作所)入社
1963年
同社を退社。
三住商事(現:ミスミグループ本社、以下ミスミ)設立に参画、専務就任
1969年
社長に就任
1994年
ミスミ 東証二部上場
1998年
ミスミ 東証一部上場
2002年
ミスミ 取締役相談役就任と共に、エムアウトを創業
2010年
ミスミ 特別顧問就任
2015年
エムアウト 代表取締役会長 就任

FA部品や金型部品の専門商社ミスミ創業後、「マーケットアウト」「購買代理店」「持たざる経営」「オープンポリシー」「プラットフォームカンパニー」など、独自の経営理念や新規事業を次々に打ち出し、ミスミを年商550億円、東証一部上場企業へと育て上げた。「マーケットアウト」をBtoC市場に展開すべく、2002年にエムアウトを創業。新規事業(スタートアップ)を組織的に創造する「スタートアップファクトリー」と称する革新的なビジネスモデルにより、マーケットアウトのコンセプトに基づいた事業を数々世に送り出している。

著書

隠すな!(日本経済新聞社・1997年)
日本で最高のサラリーを稼ぐ男たちの仕事術(三笠書房・2002年)