役員紹介

取締役 事業開発グループ グループリーダー、事業化推進グループ 中島 宏史

取締役 事業開発グループ グループリーダー、事業化推進グループ 中島 宏史

松下電工株式会社(現:パナソニック株式会社)において、照明事業並びに情報機器事業部門における事業企画やサプライチェーンマネジメント改革、コーポレート部門における全社経営企画、新規事業企画、M&A推進など多岐にわたる業務に携わった。

エムアウトでは、事業プロデューサーとして各事業の収益性向上に努めた他、「起業ファクトリー」としての企業理念、ビジネスモデル、組織体制の構築を手がけた。その後、全事業会社の事業戦略及び事業計画の策定からその進捗管理を担当し、また、出口戦略担当として、第一号イグジット案件である株式会社キッズベースキャンプの東京急行電鉄への売却や、株式会社ギャラリータグボートのMBO実行など、エムアウトの事業参入工程を一手に担った。取締役副社長・事業開発本部として、スタートアップの科学的分析に基づくノウハウや仕組みの構築、コンセプト策定から事業会社の設立・育成まで、事業全般を統括し、平成27年9月に代表取締役社長に就任。

福岡 克績

福岡 克績

ゼネコンの工藤建設株式会社において、住宅用不動産の仕入・企画・販売促進など、一連の事業計画の立案から実行を推進。その後、保険サービスの株式会社アドバンテッジリスクマネジメントにおいて、福利厚生サービスの企画・販売に携わる。

エムアウトでは、低カロリーを弁当・惣菜を提供する中食の新規事業を立ち上げ、事業子会社の社長を経験。現在は、新規事業のR&Dを担当する事業開発グループのリーダーとして、スタートアップの成功確率を上げるべく、様々な業界を調査し、新たな事業の創出に取り組んでいる。

取締役(非常勤) 中村 亨

取締役(非常勤) 中村 亨

監査法人トーマツにおいて、大手企業の監査業務を経験し、経営管理系コンサルティング会社 株式会社エスネットワークスの取締役副社長を経て、独立。中村公認会計士事務所を設立する。200社近いベンチャー企業の経営・財務に携わり、自らが取締役として経営参画するスタイルで2社をIPOに導き、総額80億円の資金調達に貢献する。

その後、株式会社コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティングを設立し、代表取締役に就任。約40名のプロフェッショナル集団を築き上げ、会計アウトソーシング・税務・株価算定・企業再編コンサルティング・M&Aアドバイザリー・J-SOXコンサルティング・事業承継コンサルティング等を幅広く手がけている。青山学院大学大学院国際マネジメント研究科講師も勤める。

取締役(非常勤) 森本 紀行

取締役(非常勤) 森本 紀行

三井生命保険相互会社において、ファンドマネジャーとして年金資産運用業務を経験した後、最年少でロンドンに駐在。その後、世界的コンサルティング・ファームであるワイアット株式会社(現:ワトソンワイアット)に移り、取締役に就任。日本初の企業年金基金等の機関投資家向け投資コンサルティング事業を立ち上げるとともに、企業の福利厚生制度としての退職金制度設計等を行うベネフィット事業と、金融機関などへの金融サービスコンサルティング事業を立ち上げる。数千億から1兆円におよぶ企業年金の運用コンサルティングを一人でスタートさせ、規制緩和や金融市場のグローバル化を背景に、世界最先端の年金資産投資戦略を武器にして同社の発展に大きく寄与する。その後、独立して、HCアセットマネジメント株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。全世界の投資のタレントを発掘して運用委託するという、全く新しいタイプの資産運用事業を始める。

取締役(非常勤) 大石 佳能子

取締役(非常勤) 大石 佳能子

日本生命保険相互会社、アメリカ留学を経て、マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。マーケティング、小売業、ヘルスケア部門を担当し、消費者視点での商品・サービスづくりを数多く行い、1年半でマネジャー、5年目にはパートナーへ昇格する。出産前後に通院した自身の経験がきっかけとなり、病院向けコンサルティングをはじめるが、医療界における「変革」と新しい「価値創造」の実現には自らが動き、「提言」を「実行」に移すしかないとの思いから、株式会社メディヴァを設立。医療機関の経営コンサルティング、新規開業・経営支援、運営代行、ヘルスケア・サービスの開発・運営などを幅広く手掛ける。厚生労働省「これからの医療経営の在り方に関する検討会」「社会保険審議会福祉部会」委員等も務める。日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2007」受賞。