Startup Business School

第2回スタートアップビジネススクール報告レポート

第2回スタートアップビジネススクール全日程が終了いたしました。


開催期間:2017年5月24日~2017年10月4日(全10回)


先日、株式会社エムアウト主催の「第2回スタートアップビジネススクール」が無事終了いたしました。
自主開催としては第2回目となる本年も、大手メーカー、スタートアップ役員、大手広告代理店、会社経営者、起業家、起業準備者など、様々なバックグラウンドの方にご参加いただき、スタートアップ専業会社のエムアウトがこれまで培ってきた「マーケットアウトビジネス」である新規事業の開発ノウハウを約5ヶ月の期間に亘り、伝えてまいりました。

期間中は前半を学習編として、「マーケットアウト」の考え方や「マーケットアウトビジネスに成功する6つの条件」フレームワーク、過去実際にエムアウトが創った具体的な事業を題材にしての成功事例や失敗事例、ビジネスコンセプトの開発プロセス等を講義形式で行いました。
開発プロセスでは、弊社社内の事業開発プロセスと同様に「マーケット特定モデル」「プロダクトアウト業界特定モデル」「発想の転換モデル」の3つのビジネスアイディア創出方法をレクチャーしました。
受講生には各回の授業内容を元にビジネスアイディアを作成いただくホームワーク等に毎回取り組んでいただき、理解の浸透を促進。翌回にそれをプレゼン・フィードバックすることによって、同時に新規事業アイディアも作成いただくという実践的な学習形式で実施いたしました。

後半は参加者同士でチーム組成して、個々人が作成したビジネスアイディアを評価・選抜。選抜したビジネスアイディアをチームでブラッシュアップし、 プレゼン・フィードバッグを繰り返すことで見えてきた改善点等を踏まえ、より確度の高いビジネスモデルへと昇華させていく作業を実施いただきました。 ブラッシュアップの過程では、オープンデータ調査や市場調査、ユーザーインタビュー手法やMVP手法など、新規事業アイディアの精度を上げるために必要な簡易 フィジビリティスタディについてレクチャーを実施。更に中期の目標、マイルストーン、収益計画や資金計画などについてもレクチャーいたしました。 最終回では各チームで選出されたプランによるビジネスプランコンテストを実施、今年度の優勝チームは「AI(人工知能)を活用した中小企業向けメンタルヘルス対策 プログラム」ビジネスプランが選ばれました。他にもM&Aプランや送迎委託プラン、オンライン書店プランなどマーケットアウトを切り口に革新していく様々なプランが 発表されました。


参加受講生からは、授業後のアンケートで「市場の選び方が分かった」、「自分でプランを作り、発表・指摘を受けることで理解が深まると実感しました」、「フレームワークが非常に素晴らしいと感じた」、など様々に好評をいただき、全10回のスクールを無事終了いたしました。