Q&A

ビジネスプラン応募について

ビジネスプランを応募した後、事業会社設立まではどのようなプロセスになるのでしょうか?
またスケジュールの目安はありますか?

ビジネスプラン応募から事業会社設立までのプロセスは、以下のとおりです。

  1. 応募者⇔当社 ビジネスプラン応募、インタビュー、プランのブラッシュアップ
  2. 共同作業 事業計画の策定、事業性検証、テストマーケティング
  3. 経営陣として参画 事業会社設立、ストックオプション付与

1〜3までの各ステップにおいて、当社による審査・検討を実施し、次のステップへ進めるかを検討させていただきます。
スケジュールとしては1〜2までで半年〜1年程度を想定しています。

エムアウトと一緒に起業するメリットは何ですか?
事業成長のスピードアップと成功確率の飛躍的な向上です。
事業化資金の提供はもちろんのこと、事業のスタートアップフェーズに特化した起業ファクトリーであるエムアウト独自のノウハウを持つ多様な人材が、全力で一緒に事業を作り上げていきます。
共同作業時のエムアウトとビジネスプラン応募者の作業分担はどのような形になりますか?
参画頻度、形態など決まった形はありませんが、基本的にはプランをご応募いただいた方からは業界知識とご経験、業界ネットワークをご提供いただき、エムアウトは起業ノウハウと事業計画策定に必要なリソース(人・物・金・情報)を提供します。
今いる会社をやめずに参画することは可能ですか?
可能です。ただし、現在お勤めの就業規定に則って支障のない範囲での参画となります。
その場合の参画形態はどのようになりますか?
参画形態は極力、アドバイザーの方のご都合に合わせます。
契約と報酬に関しては、参画いただく時間、頻度により適切なアドバイザーフィーをお支払いいたします。
事業会社設立後、ビジネスプランの応募者は社長になれますか?
事業会社設立当初は、基本的にエムアウトから社長を選出することになりますが、事業の成長に伴って、経営陣も含めエムアウトからの出向社員は本体に戻ることを想定しています。ご本人の希望があり、且つ弊社が適任であると判断できる場合は、適切なタイミングで事業会社の社長になっていただきます。
自分のプランが元で事業会社が設立された際、出資することはできますか?
ご本人が希望し、エムアウトが適切であると判断される場合は、出資いただくこともございます。
「出資だけ」のお願いはできませんか?
申し訳ございません。エムアウトが出資するだけという形ではお受けできません。エムアウトのノウハウや人材を活用して起業することで、成功確率が向上するからです。
新設事業会社の経営陣、一般社員の選任権は有しますか?
経営陣に関しては、原則、親会社であるエムアウトにより決定されます。一般社員に関しては、新設事業会社の経営方針により決定されます。
どんなビジネスプランを求めていますか?
目安として、最長2年で黒字化、5年で営業利益が5億円程度になり、かつ、その後もさらなる成長が見込まれるような事業を求めています。
不採用の理由は聞かせてもらえますか?
不採用となった場合は、結果のみをお伝えすることになります。
応募したプランについて、守秘義務契約は結べますか?
当社規定の守秘義務契約を締結させていただきます。

採用について

1. 採用応募について

応募のタイミングは決まっていますか?
エムアウトでは通年でキャリア採用を行っています。現在の募集ポジションについてはHPで掲載しておりますので、ご確認の上ご応募ください。
期間は目安として、1ヶ月〜2ヶ月です。
面接回数は、応募ポジションにより異なりますが2〜3回を予定しております。
入社時期を考慮していただけますか?
ポジションによっても異なりますが、ご本人のご希望を十分に考慮した上で、双方で詳細を話し合いながら、入社時期を決定しております。
具体的な事業プランなどがないと応募はできませんか?
事業アイデアやプランなどは必要ではありません。

2. 事業展開について

今後、事業参入する分野にはどのような分野がありますか?
歴史的にプロダクトアウトの仕組みで成り立っている業界や、規制に守られていた業界など事業参入するチャンスが大きな分野と捉えています。
自分自身の事業プランを提案することはできますか?
新規事業案件の収集と事業性の検討は事業開発を専任で担当するグループが行なっています。このグループと社内のメンバーとのディスカッションは頻繁に行なわれていますので、その中で事業プランの提案をして、一緒にブレーンストーミングなどを実施することは可能です。マーケットアウトビジネスがより早く、確実に展開できるという観点から事業性を検討していくことになります。
自分で提案した事業に関わっていくことはできますか?
事業の成長段階に応じて3つのフェーズに分けた組織体制になっていますので、事業のフェーズが進捗した時にその段階に最適なメンバーという観点で構成メンバーが再編成されることになります。そのため、必ずしも一貫して同じ事業に関わっていける訳ではありません。

3. 社内規定・体制について

入社後の研修はありますか?
人材は「育てる」ものではなく、自ら学び「育つ」事を前提に考えております。
この考えに基づき、環境整備を中心に行っております。
M-out全社で理念、方向性の共有のための機会。
新参画者対象のオリエンテーションを兼ねた、導入研修。
マーケットアウトの理解促進と、社長とのミーティングを交えた勉強会。
また、個人自らが能力・スキル向上を目指して受講する研修や、セミナーの
費用を負担する、自己研鑽支援制度等、整備しております。
その他、専門知識向上、ポジションにあわせた研修等、随時企画しております。
経営的な視点はどのように磨くことができますか?
起業ファクトリーとしてのエムアウトでは、様々な業界、様々な事業、様々な成長フェーズのポジションを経験することができます。こうした成長フェーズ別や機能別の様々なポジションで各々の経営の観点から業務に取り組み、多様な経験を積んでいくことで経営者的な視点をより早く磨いていくことが可能です。
エムアウトの報酬体系はどのようになっていますか?
エムアウトの報酬は大きく分けると、(1)年俸、(2)インセンティブの2つの要素で構成されています。(1)の年俸は市場価値をベースとしたもので、入社時は基本的に前年度の年収とポジション別の想定値をベースに決定していきます。(2)のインセンティブは組織の成果創出によるリターンとしてストックオプション等の付与を予定しています。
人事評価はどのように行っているのですか?
人事制度は、組織や事業のアクションプランを基に各個人が、自らのアクションプランを自律的に管理し、その組織貢献を評価するスタイルとなります。
平均年齢はどれくらいでしょうか?
20代後半から30代前半のメンバーが大半を占めています。平均年齢としては30代前半です。
勤務形態はどのような形なのでしょうか?
ポジションや担当業務によって異なりますが、裁量労働制、またはフレックスタイム制、シフト制を導入しています。シフトなどによるルールが決められている場合もありますが、多くのメンバーは個人の判断に応じて自立的に勤務状況をコントロールしています。